不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸

DHAやEPAも!現代人の強い味方 不飽和脂肪酸って何?

油脂や脂質と聞くと、皆さんはどんなイメージを持っていますか?多くの方が「肥満のもと」「体に悪そう」など、どちらかというとマイナスのイメージがあるのでは。しかし、こうした油脂や脂質の中には、コレステロール値を減少させたり、血液をサラサラにしてくれるものも存在します。その一つが不飽和脂肪酸です。

 

実は魚に多く含まれると言われるDHAやEPAなども、不飽和脂肪酸の一つ。不飽和脂肪酸を知ることは、あなたや家族の健康を考えることにもつながるのです。今回は、現代人の健康を考える上でチェックしておきたい、不飽和脂肪酸の秘密をご紹介します。

 

不飽和脂肪酸とは?

普段私たちが目にしたり、料理で使用したりする油や脂肪は「脂肪酸」と呼ばれる物質でできています。脂肪酸には大きく分けて2つの種類が存在しますが、その中の一つが不飽和脂肪酸です。不飽和脂肪酸を多く含む食品として、オリーブオイルや魚の脂、ナッツや植物油などが挙げられます。ちなみにもう一つが飽和脂肪酸と呼ばれるもので、生クリームやチーズ、牛肉などに多く含まれています。

 

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の違いは科学的には多々ありますが、目に見えてわかりやすいのが、溶ける温度の違いです。チーズや牛脂などの飽和脂肪酸を多く含む油脂や脂質は、常温でも油が固まったまま(固体の状態)のものが多いもの。一方オリーブオイルや植物油など、不飽和脂肪酸を多く含む油脂や脂質は、常温だと液体のものが多いという傾向があります(一概に全てのものに当てはまるわけではありません)。

 

また、飽和脂肪酸は体の中でエネルギーとして利用されますが、不飽和脂肪酸は私たちの体を作る細胞の膜や脳、臓器の働きを助けるなど、どちらかと言うと生命に必要な働きをしてくれるものが多いというのも、傾向の一つと言えます。

 

この内、コレステロール値の上昇や肥満の原因になることが多いのは飽和脂肪酸。他にも飽和脂肪酸を摂り過ぎると、動脈硬化や肥満、心筋梗塞などを引き起こす恐れが指摘されています。しかし、一概に飽和脂肪酸が悪いものというわけではありません。飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸はバランスが大切。現代人の食生活は、どちらかと言うと飽和脂肪酸を過剰に摂ることが多く、逆に不飽和脂肪酸の摂取量が少なくなりがちです。飽和脂肪酸のとりすぎに注意したり、不飽和脂肪酸都のバランスを考えて摂取することが、現代人にとっては大切なのです。

こんなにある!不飽和脂肪酸のいいところ

不飽和脂肪酸をバランスよく摂取することで、私たちの体に良い影響を与えてくれます。ここではその一例をご紹介します。

  1. 悪玉コレステロールを抑える
  2. 善玉コレステロールを増やす
  3. 血液をサラサラにする(心筋梗塞や動脈硬化を防ぐ)
  4. 視力の改善
  5. アトピー反応の改善
  6. 肌荒れ、カサつきを防ぐ

 

不飽和脂肪酸にはいくつか種類があり、その種類によって効果もさまざまです。中でも注目されているのが、青魚に多く含まれているDHAやEPAといった、いわゆるオメガ3脂肪酸と呼ばれるもの。DHAは脳まで届く数少ない栄養素の一つ。そのため、集中力を高めたり、記憶力を高める効果があることがわかっています。またEPAには血液をサラサラにしたり、アレルギー反応を抑制させる効果が期待できることがわかっており、どちらも注目されています。