オメガ3脂肪酸とは

オメガ3脂肪酸とは

摂らないとダメ!巷で話題のオメガ3脂肪酸って何?

テレビ番組や雑誌などでよく見かける「オメガ3脂肪酸」という言葉。私たちの健康や美容に関わる重要なものだということはわかるけれど、いまいちどんなものかピンと来ない…という方もいらっしゃるのでは?
実はオメガ3脂肪酸のことをよく知ることは、私たちの健康や美容、そして多くの人が悩まされている生活習慣病を予防する上でも、とても大切なこと。知っていると知らないとでは、10年後の生活が変わってしまうかも?そこで今回は、知られざるオメガ3脂肪酸の特徴や魅力、摂取方法についてご紹介します。

 

オメガ3脂肪酸とは?

オメガ3脂肪酸とは、私たちの体を構成・維持するために欠かせない不飽和脂肪酸の一つ。ω-3やn-3と表記されることもあります。実は体に良い影響を与えると言われるDHAやEPA、α-リノレン酸も、オメガ3脂肪酸の一つなのです。

 

オメガ3脂肪酸が欠かせない理由、それは私たちの体を構成する重要な器官にとって、とても大切なものだからです。その一例として、細胞膜の持つ重要な役割に関与していることが挙げられます。私たちの体は、無数の細胞が集まったものですが、その細胞一つ一つを包むのが細胞膜です。
細胞膜は栄養分の吸収や老廃物の排出、ウィルスの侵入を防ぐなど、さまざまな役割を持っています。細胞膜が正常に働かなくなると、肌がカサついたり炎症を起こしたりするなどの症状が表れることも。また、オメガ3脂肪酸は臓器や脳にも必要な物質であることが分かっており、不足すると体のさまざまな部分に影響が現れることが指摘されています。こうした観点から、栄養学的にはオメガ3脂肪酸は「必須脂肪酸」と呼ばれています。

 

その他にもオメガ3脂肪酸には、以下のようないい影響があることがわかっています。

 

  • ビタミンの吸収を助ける
  • アレルギーを抑制する
  • 血液の流れをサラサラにする
  • うつ病症状の軽減
  • 生活習慣病の予防

 

しかし、残念ながらオメガ3脂肪酸は人間の体内ではほとんど作り出すことができません。そのため、食事から摂取しなければならないのです。

 

オメガ3脂肪酸を摂取するには?

オメガ3脂肪酸を摂取するためには、えごま油やくるみ、サバやサンマなどの青魚や緑黄色野菜など、オメガ3脂肪酸を多く含む食材をたくさん摂取する必要があります。
ただし、オメガ3脂肪酸はとても酸化しやすい物質。酸化した油を摂るのは良くない、と言う話を耳にした方もいらっしゃるかもしれませんが、これはオメガ3脂肪酸も同じことですので、油はできるだけ使い切ること、そして魚は煮魚や刺し身などにして食べるのがおすすめです。

 

とはいえ、油を早く使いきるのはとても大変ですし、オメガ3脂肪酸を意識しながら毎日の献立を作るのもなかなか面倒ですよね。そんな時はサプリメントもおすすめです。欧米などでは、サプリメントでオメガ3脂肪酸を摂取している方が意外と多いもの。日本でもオメガ3脂肪酸を摂取するためのサプリメントが売られていますので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。