妊娠中にDHA・EPAが大切な理由とは

  • 脳細胞は全て胎児のときに形成される

 妊娠中には、胎児の健全な生育のためにも葉酸やカルシウムが大切であるとされています。しかし、同時にDHAやEPAの摂取も忘れてはなりません。

 

 胎児は胎内で生育する過程で様々な器官を形成していきますが、その中でも特に重要なのが脳の形成です。脳には約140億個もの神経細胞があるといわれていますが、これらの脳細胞は全て胎児の段階で形成されます。つまり、生まれてきてからは再び増えることがなく減少する一方であり、このことからいかに胎児のころに形成される脳細胞が重要であるかが分かります。

 

 人間の脳細胞のなかには、DHAが多く含まれています。妊娠中のお母さんがDHAを十分に摂取し、これが胎盤を通して胎児へと届けられれば、胎児は脳細胞を順調に形成していくことが出来るのです。

 

  • 青魚からのDHA摂取は危険?

 以上のことから、妊婦がDHAを摂取するのは大変重要なことです。ただし、DHAを補給できる代表的な食品は青魚ですが、妊娠中は青魚は控えた方がよいとされています。

 

 

なぜならば、魚の中には微量の水銀が含まれているからです。
私達は青魚と同時に水銀を摂取したとしても、自然に排出することが出来ます。
しかし、胎児にはまだ排出機能が備わっていないため、水銀が悪影響を及ぼしてしまう可能性があるのです。とくに、水銀は食物連鎖の上位の生物であるほど多く蓄積されるため、マグロなどの大型の魚は控えた方が良いといえます。


 

 では、どのようにしてDHAを補給すればよいかということですが、これはサプリメントによる摂取が安全かつ効果的です。こうすることによって、無理をして青魚をたくさん食べる必要がなくなり、さらに水銀による胎児への悪影響も心配ありません。DHA・EPAのサプリメントの中には、とくに水銀検査を行っている商品もあるので、それを摂取するのが良いでしょう。

 

 ちなみに、上記の通りDHAは胎盤を通って胎児へと送られます。そのため、DHAを摂取するのは胎盤が完成する妊娠4か月目くらいからが最適となります。

 

【関連記事】
DHA EPAが妊婦に与える影響
妊娠中のDHA摂取が子どもの知能に影響する!?
妊娠中にDHA EPAサプリはOK!?

 

ママも赤ちゃんも嬉しい♪
妊婦さんに安心のDHA・EPAサプリの美的ヌーボ プレミアム。
>>>美的ヌーボ プレミアムの詳細・クチコミはこちらで!


妊娠中にDHA・EPAが大切な理由とは関連ページ

妊娠中にDHA EPAサプリはOK!?
妊娠中は、口にするもすべてに気を使ってしまいますね。DHA EPAサプリは妊婦さんが摂っても大丈夫なのか、分かりやすくまとめました。
DHA EPAが妊婦に与える影響
妊婦にDHA・EPAは良い影響を与えるのか。また胎児への影響についても掲載しています。
妊娠中のDHA摂取が子どもの知能に影響する!?
妊娠中にDHAとEPAを摂取すると子供に与える影響や研究結果を分かりやすくまとめてみました。