妊娠中のDHA摂取が子どもの知能に影響する!?

妊娠中のDHA摂取が子どもの知能に影響する!?

妊娠中のDHA摂取が大切なワケ

健康な赤ちゃんを産むためにも、妊婦さんの食事の質は大切です。サプリメントの服用にも慎重になることでしょう。DHA・EPAのオメガ3系脂肪酸が身体に良いものと分かっても、妊娠中だからと躊躇することもあるのではないでしょうか。しかしDHAはおなかの赤ちゃんにとって大事な栄養素なのです。妊娠中のDHA摂取が子どもの知能に影響することが分かってきました。→妊娠中にDHA・EPAが大切な理由とは

 

胎児の発育の上で、DHAは特に脳神経機能や視神経の発育に関係しています。

 

 

DHAを添加した粉ミルクを生後まもない赤ちゃんに摂取させると、網膜や視神経の発達が促されるという研究結果が得られています。妊娠中にオメガ3系脂肪酸を摂取した妊婦から生まれた子どもの知能指数は、摂取しなかった子どもに比べ高いという研究成果もあります。


 

脳の発達は、胎児期から始まっています。胎児の脳DHA 含量は、妊娠6か月から急速に増加・蓄積しつづけます。さらに生後も乳幼児の脳は6か月で出生時の約2倍、4〜6 歳で約3倍の重さになり成人の90%まで成長します。つまり、妊娠中期から幼児期にかけてこそ、DHAは必要なのです。

 

ふつうの粉ミルクは母乳よりDHA含量は低いのですが、DHAを添加した粉ミルクも市販されています。なお妊娠中や授乳中にサプリメントでDHA・EPAを摂取する場合は、医師と相談の上での摂取が推奨されています。

 

妊娠・授乳期だけでなく、その後のお子さんの健やかな発達のために、お母さんはお子さんのDHA摂取を心がけると良いでしょう。DHAには学習面や情動面での効果が確認されました。

 

DHA EPAと子供の影響

学習面の研究では、6〜12歳の子どもにDHAとEPAのドリンクを12カ月間飲ませると、飲まない群よりも言語・学習・記憶のスコアが高くなったという報告があります。
またテストや作業を実施中の脳の活動性を計測したところ、脳波の活性化の程度とDHA濃度と間に相関が見られ、脳の一部領域での活性化がDHA投与群で増強されたなどの結果が得られています。

 

9‐12歳の児童166名にDHAもしくは対照薬を混ぜた食品を3ヶ月に渡って摂取してもらい、採血とアンケートへの回答を行いました。その結果、3.6g/週のDHA入りの食品を3か月間摂取すると身体的攻撃を有意に低下させたことが示されました。DHAには子どもがキレるのを防ぐ可能性があるのです。

 

【関連記事】
妊娠中にDHA・EPAが大切な理由とは
DHA EPAが妊婦に与える影響
妊娠中にDHA EPAサプリはOK!?

 

 

ママも赤ちゃんも嬉しい♪
妊婦さんに安心のDHA・EPAサプリの美的ヌーボ プレミアム。
>>>美的ヌーボ プレミアムの詳細・クチコミはこちらで!

オススメお子様用のDHA EPAサプリは?

子供用に特化した佐藤製薬のDHA EPAサプリが多くのお母さん方から選ばれています。理由は、製薬会社のDHA EPAサプリメントなので安心感が高いから。

 

 

佐藤製薬は90年以上の歴史がある製薬会社で、【ユンケル】【ストナ】は知らない人はいないのでは?というくらい、とても有名な商品を製造販売されている実績のある製薬会社です。

 

お子様に与えるサプリは、信頼できる安心したサプリを選びたいですよね。だからこそ佐藤製薬お子様用 美健知箋EPA&DHAがオススメ!
詳しい詳細を分かりやすくまとめました。参考にどうぞ>>お子様用 美健知箋EPA&DHA

妊娠中のDHA摂取が子どもの知能に影響する!?関連ページ

妊娠中にDHA・EPAが大切な理由とは
妊娠中にDHA EPAを摂ってほしいワケとは?DHA摂取方法の注意点とは。
妊娠中にDHA EPAサプリはOK!?
妊娠中は、口にするもすべてに気を使ってしまいますね。DHA EPAサプリは妊婦さんが摂っても大丈夫なのか、分かりやすくまとめました。
DHA EPAが妊婦に与える影響
妊婦にDHA・EPAは良い影響を与えるのか。また胎児への影響についても掲載しています。