DHA EPAが妊婦に与える影響

DHA EPAが妊婦に与える影響

DHA EPA 妊婦

DHA EPAは青魚の魚油に含まれている成分です。血流を良くすることで血栓性静脈炎を患いやすい妊婦の血栓防止に大変効果的です。
妊娠産褥期の妊婦は血液を凝固する因子が増大してしまうのです。またお腹が大きくなると、大きくなった子宮が下大静脈を圧迫してしまうので、血流が停滞してしまいます。この血栓予防に、DHA EPAが大きな働きをしてくれます。

 

血栓を溶かしてくれる、DHA EPAの存在は妊婦にとって、頼もしい味方ということなのです。しかもそれだけではありません。
じつは、このDHA EPAはプラスタグランジンという陣痛を起こす物質を、正常に機能させますので早産を予防する役割があったのです。

 

妊娠中はお腹への衝撃や、精神的なショックなどで陣痛を引き起こしてしまうことがあります。そんなときにプラスタグランジンを抑制するDHA EPAを効率よく摂取していれば、早産ということにもならずに、安全に過ごせるのは嬉しいですね。また、妊娠中にDHA EPAを摂取すると、DHAが胎盤を通じて赤ちゃんに移行します。

 

 

妊娠1週から産後3ヶ月まで、DHA EPAをお母さんが摂取したところ、DHA EPA成分の入った母乳を飲んで育った赤ちゃんが、4歳になるころに、明らかに知能の発達が良かったという報告もあります。


 

脳の神経細胞にDHA EPAが、働きかけしますので、お母さんを通じて間接的に摂取していたDHA EPAで子供の頭脳に変化があったのです。賢い子供の頭脳を作りたければ、DHA EPAが良いのだということです。

 

妊婦である自分の健康と、胎児及び乳児の頭をよくしてくれるという一石二鳥の効果があるのは、驚きです。
血液中のDHAは脳へと到達できる唯一の成分です。またEPAも脳へ入るためにDHAに変化しますので、DHA EPAは脳に到達して、ニューロンやシナプスを活性化させます。胎教といって生まれる前からクラシックなどを聞いて、胎児に影響を与えるというような時代ではなく、DHA EPAで直接脳を賢くしてしまえる時代なのかもしれません。

 

【関連記事】
妊娠中にDHA・EPAが大切な理由とは
妊娠中のDHA摂取が子どもの知能に影響する!?
妊娠中にDHA EPAサプリはOK!?

 

ママも赤ちゃんも嬉しい♪
妊婦さんに安心のDHA・EPAサプリの美的ヌーボ プレミアム。
>>>美的ヌーボ プレミアムの詳細・クチコミはこちらで!


DHA EPAが妊婦に与える影響関連ページ

妊娠中にDHA・EPAが大切な理由とは
妊娠中にDHA EPAを摂ってほしいワケとは?DHA摂取方法の注意点とは。
妊娠中にDHA EPAサプリはOK!?
妊娠中は、口にするもすべてに気を使ってしまいますね。DHA EPAサプリは妊婦さんが摂っても大丈夫なのか、分かりやすくまとめました。
妊娠中のDHA摂取が子どもの知能に影響する!?
妊娠中にDHAとEPAを摂取すると子供に与える影響や研究結果を分かりやすくまとめてみました。