子供の魚離れ影響は?

子供の魚離れ影響は?

そうだったのか!子供の魚離れの意外な原因と体への影響

子供の魚離れが進む昨今、「うちの子は魚が嫌いで…」と口にする親御さんは増えましたよね。でも、ちょっと待って下さい。もしかしてあなたのお子さんは、実は魚が大好きかもしれませんよ?もちろん、魚が本当に嫌いな子供もいますが、多くの子供にとって魚離れの原因は、単に好き嫌いだけではないかもしれません。
今回は、子供の魚離れの意外な原因と、魚を食べないことで子供の体に起こるかもしれない影響についてご紹介します。

 

子供の魚離れ、その理由は環境にあった?

実は子供は魚が大好きかもしれない…。その理由は、水産庁が発表した「平成20年度 水産白書」のデータに隠されています。
大日本水産会が平成20年に発表した「水産物を中心とした消費に関する調査」によると、意外なことに魚料理を嫌いと答えた子供は、全体の約10%程度だったそうです。なかでも寿司は人気のメニューの一つになっており、子供にせがまれて寿司を頼んだ経験のあるご家庭も多いのではないでしょうか。

 

 

一方、小学校で嫌いな給食メニューの1位には魚がランクインしています。その理由として、骨があることや、食べるのが面倒だと答えた子供が多数を占めました。これは「骨のない魚なら食べられる」という意味でもありますが、同時に普段から家庭で骨をとって魚を食べる習慣がないということも意味しているのではないでしょうか。

 

「子供が魚嫌いだから仕方がない」と言ってしまえばそれまでなのですが、それは過去にも言えること。いつの世も、往々にして魚は子供が苦手な食べ物の一つです。それでも昔は、高齢者と住んでいた家も多く、また食の選択肢が今よりも少なかったため、子供の好き嫌いにかかわらず魚を出し続けていた家庭が多くありました。

 

しかし、核家族化や両親の共働き、塾通いなどによって孤食化が進み、魚の食べ方を子供に指導する時間が削られてしまっているほか、無理に魚を出さなくても、他にも食の選択肢が広がったことも、子どもの魚嫌いに拍車を掛ける原因になっているのかもしれません。

 

もちろん上記は一概には言えませんが、こうした背景が子どもの魚嫌いの原因の一つかもしれないと知ることが、子供の魚離れを食い止める一つの方法になるかもしれません。

 

参考にDHAとEPAが子供の発育にいいって?

 

子供の魚離れによる怖い影響とは

ちなみに子供が嫌いな魚の種類には、サバやサンマ、アジなど、いわゆる青魚の名前が多く挙がっています。実はこうした青魚には、私たちの健康や成長に必要なDHAやEPAが豊富に含まれています。
特に子供の時期には、オメガ3脂肪酸の摂取が必要とされています。実際に海外のある研究では、子供の頃に魚介類をあまり食べなかった子供は、言語知能指数が低い傾向にあるという結果も出ており、成長期の子供にとっても大切な栄養素であることがわかっています。
また、DHAは集中力や目の発達にも影響をおよぼすと言われており、まさに子供の成長に欠かせない成分となっています。

 

とはいえ、子供の魚嫌いを克服するには時間がかかるもの。どうしても食べてくれないなら、DHAやEPAのサプリメントを利用するのも大切です。大切なお子様の成長のためにも、DHAやEPAのサプリメントでオメガ3脂肪酸を補給してみては?


オススメお子様用のDHA EPAサプリは?

子供用に特化した佐藤製薬のDHA EPAサプリが多くのお母さん方から選ばれています。理由は、製薬会社のDHA EPAサプリメントなので安心感が高いから。

 

 

佐藤製薬は90年以上の歴史がある製薬会社で、【ユンケル】【ストナ】は知らない人はいないのでは?というくらい、とても有名な商品を製造販売されている実績のある製薬会社です。

 

お子様に与えるサプリは、信頼できる安心したサプリを選びたいですよね。だからこそ佐藤製薬お子様用 美健知箋EPA&DHAがオススメ!
詳しい詳細を分かりやすくまとめました。参考にどうぞ>>お子様用 美健知箋EPA&DHA