必須脂肪酸

必須脂肪酸

摂らなきゃいけない脂質がある!?欠乏すると大変な必須脂肪酸とは?

現代人の悩みのタネになることも多い肥満や生活習慣病。これらと結びつきの強い言葉として、よく脂質や油が挙げられますが、一概に全ての脂質や油が肥満や生活習慣病の原因になるわけではありません。
ダイエットのために油を控えているという方もいらっしゃいますが、実は油や脂質の中には、必ず摂取しなくてはならないものもあります。それが必須脂肪酸です。万一欠乏すると、肌荒れや皮膚の炎症を引き起こすだけでなく、免疫不全や成長障害に至る可能性も。
果たして必須脂肪酸とは一体どんなものなのか?そしてどんな食材から摂取できるのか見ていきましょう。

 

必須脂肪酸とは?

必須脂肪酸とはその名の通り、私たちが普段の食事の中で、必ず摂らなければならない脂肪酸を表しています。ここで、「なぜ脂質を摂らなければならないの?」と疑問に思う方もいらっしゃるのでは。それは必須脂肪酸が、私たちの体にとって不可欠なものであり、なおかつ私たちの体では生成できないものだからです。

 

脂肪酸とは脂質や油を構成するもので、大きく飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられます。飽和脂肪酸は牛脂やチーズなどに多く含まれており、体の中でエネルギーとして働いてくれます。しかし、近年の食生活は、どちらかというと飽和脂肪酸を過剰に摂取することが多く、結果として肥満や生活習慣病のきっかけになることが多い傾向にあります。

 

一方不飽和脂肪酸は、体の中の臓器や体を作る細胞、そして脳の活動に使われることが多く、不足・欠乏すると体に悪い影響が現れることがある、人間にとって大切なもの。なかでもオメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸などは、人間の体では生成することができないため、普段の食事から体に取り入れる必要があることから、必須脂肪酸と呼ばれています。

 

主な必須脂肪酸としてはオメガ3脂肪酸だとα-リノレン酸やDHA、EPA、オメガ6脂肪酸だとリノール酸やアラキドン酸などが挙げられます。ただし、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸は摂取のバランスが大切。特にオメガ6脂肪酸を摂り過ぎてしまうと、アレルギーを促進したり、動脈硬化の原因になるなど、体に悪い影響をもたらしてしまうことがわかっています。

 

オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸の割合は、大体1:4程度が望ましいとされています。しかし、現状は1:10またはそれ以上にオメガ6の摂取量が多くなる傾向にあり、オメガ3脂肪酸を意識的に摂ることが必要とされているのです。

 

必須脂肪酸が欠乏するとどうなる?

それではもし必須脂肪酸が欠乏してしまったら、私たちの体に一体なのが起こるのでしょうか。
先ほどご紹介したとおり、必須脂肪酸にはいくつか種類があるため、欠乏するものによっても症状は異なりますが、身近な症状だと肌荒れや皮膚炎、ひどい場合だと体や脳の成長に悪影響を及ぼしたり、免疫不全や脂肪肝に至ることもあります。もしかすると、あなたの肌荒れは必須脂肪酸の欠乏にあるのかも?

 

終わりに

欠乏を防ぐためには、食品やサプリメントから必須脂肪酸を摂取する必要があります。必須脂肪酸、とりわけオメガ3脂肪酸が多く含まれる食品には、亜麻仁油や青魚などが挙げられます。食品で摂取するのが難しい場合は、オメガ3脂肪酸のサプリメントを利用するのも大切です。毎日魚料理はちょっとつらい…という方は、サプリメントの力を借りてみてもよいのでは?