DHAを含む食品

DHAを含む食品

実はこれも!?意外と多いDHAを含む食品

血液をサラサラにしてくれたり、悪玉コレステロールを減少させてくれるなど、摂取することで私たちの体にいい影響を与えてくれると言われているDHA。しかし、残念ながらDHAは私たち人間の体内ではあまり作り出すことができない物質です。そのため、食品などを通して私たちの体に摂取する必要があります。
では、DHAはどんな食品から摂取することができるのでしょうか。今回はDHAを含む食品をご紹介します。

 

DHAを含む食品 基本編

DHAという言葉を聞くと、多くの方が魚を連想するのではないでしょうか。魚と言っても色々な種類がありますが、特にDHAを多く含む魚として、サバやアユ、ブリやサンマといった青魚が挙げられます。また、一見青魚と言うイメージがないかもしれませんが、マグロやカツオもサバの一種。特にマグロはDHAを豊富に含んでいることが知られています。

 

DHAは酸化しやすい物質です。そのため焼き魚よりも、刺し身や煮魚として食べたほうが、より効率的にDHAを摂取することができます。また、サバ缶やサンマの缶詰といった魚の缶詰にもDHAは豊富に含まれていますので、缶詰を食べるのもおすすめです。

 

魚にDHAが豊富な理由

魚がDHAを豊富に含む理由、それは食物連鎖にかくされています。食物連鎖とは、生物界における食べる・食べられるの関係(つながり)のことを言います。魚の場合、多くは海に生息している動物性プランクトンを栄養源としています。その動物性プランクトンのエサになるのが、植物性プランクトンです。
この植物性プランクトンには、DHAを生産するもとになっている「α-リノレン酸」と呼ばれる有機化合物をたくさん含んでいます。動物性プランクトンはα-リノレン酸をたくさん含んだ植物性プランクトンを食べることで、体内でDHAを生成できるようになります。さらに、DHAを含んだ動物プランクトンを魚がたくさん食べることで、DHAが豊富に含まれるというわけです。

 

とはいえ、毎日刺し身や煮魚、魚の缶詰を食べるのは大変ですよね。最近ではDHAのサプリメントなども販売されています。より無理なく、効率的にDHAを摂りたいなら、サプリメントという選択肢も視野にいれてみてはいかがでしょうか?