DHA EPA は加齢臭対策になるのか

DHA EPA は加齢臭対策になるのか

加齢臭の成分について

中高年になると加齢臭の問題がクローズアップされます。ニオイの問題は社会問題になるほどで、キツイ加齢臭の中高年は、嫌煙されがちです。そもそも、加齢臭とはどんなものかと言うと、ノネナールという成分が体臭として出てしまうことから、強烈なニオイを発散するのです。

 

 

これは、脂肪酸と酸化した脂質が複雑に混ざることで、出てきます。中高年の疲労臭とも言うべき、ストレスや生活習慣の乱れから発する臭気なのです。


 

このノネナールは資生堂の研究者が発見した成分のようです。化粧品会社が加齢臭の原因成分を発見したというのは、驚きですがそれだけ社会全体が、実態不明の青臭いチーズのようなニオイに敏感になっていたということでしょう。

 

DHA EPAが加齢臭に効果アリ!?

日本人は特にニオイや衛生面に関して気を遣う民族だそうですから、中高年の特に男性は肩身が狭いことでしょう。しかし、DHA EPAが加齢臭に効果があると分かって来たことで、光明が差したような気持ちになることでしょう。
じつは青魚の油分から抽出されるDHA EPAは、中性脂肪を増やすのを抑えたり、脂肪酸が酸化するのを抑止する働きがあります。

 

DHA EPAはとても強い抗酸化物質なのです。DHA EPAは脂肪酸の中の不飽和脂肪酸で、その中のオメガ3系に分類されます。オメガ3系脂肪酸は、肉類に多く含まれるオメガ6系脂肪酸の過剰摂取で参加した細胞膜を、整えます。
酸化した細胞膜はニオイの元であるノネナールを生成しますので、意識的に肉食を控えて、DHA EPAオメガ3系脂肪酸を摂取したいものですね。

 

血を汚して便秘のもとになり加齢臭に拍車を掛ける、悪玉コレステロールの肝臓への取り込みもスムーズにしてくれます。臭いなどと言われて、神経質になる人も多いと思いますが、要は食生活の見直しとニオイ成分を抑止するDHA EPAを摂取していけば良いのだと分かります。血流を良くしてサラサラにしてくれるDHA EPAは体臭を強くしないための、大人の必需品なのかもしれません。

DHA EPA は加齢臭対策になるのか関連ページ

DHA EPA うつ病の効果は認められてる?
DHA・EPAはうつ病の対策、改善に効果はあるのでしょうか?研究結果を含めて解説します。
生理痛にDHA EPA
DHA・EPAは辛い生理痛の緩和に役立つのでしょうか?生理痛の原因を交えて解説します。
DHA EPA アトピー効果とは
DHA・EPAの効果、アトピーについて解説!
DHA EPAのダイエット効果
DHA・EPAでダイエット効果はあるのでしょうか。一時期流行ったサバ缶ダイエットについても掲載しています。
DHA EPAは冷え症にいいの?
冷え性とDHA EPAについて
DHA EPA の育毛効果とは
DHA・EPAの効果に育毛があげられます。DHA EPAには育毛効果はあるのでしょうか。詳しくまとめましたのでご参考に。
DHA EPA 花粉症の効果ある?
DHA・EPAは花粉症に効果はあるのか解説します!
認知症の予防効果にDHA
DHA・EPAの効果について詳しく掲載しています。DHA EPAの機能や効果の信頼性についても説明しています。
物忘れ対策・改善に!DHA EPA
物忘れが多くなってしまう原因と対策について。DHA EPAの役割やDHAをオススメする理由についても解説しています。