DHA EPAのダイエット効果

DHA EPAのダイエット効果

DHA EPA ダイエット効果は?

一時期サバ缶ダイエットが流行し、街中のスーパーからサバの水煮缶が消えるという事態が起こりました。サバ缶ダイエットとは、サバに含まれるDHAやEPAの機能に注目したダイエットです。DHAやEPAにはダイエット効果も期待されています。

 

サバ缶ダイエットの鍵となるのが、GLP-1というホルモンです。過食で血糖値が上がりすぎると、糖は筋肉でのエネルギー産生だけでは使い切れず、脂肪組織に脂肪として蓄えられます。GLP-1は腸の細胞から分泌され、膵臓のβ細胞からインスリンを分泌させて血糖値を下げる作用がありますが、胃に働いて摂取した食物の胃から腸への排出を遅らせる作用もあります。

 

さらに血糖値を上げるグルカゴンの分泌を抑制する作用もあるので、これらの作用により血糖値の上昇を緩やかにすることで、血液中の糖が脂肪として蓄えられるのを抑えて肥満を防ぐ効果があります。
そのほかにもGLP-1は満腹中枢を刺激して、必要以上の過食を抑える作用もあります。このようにGLP-1はダイエットに有益な作用を兼ね備え、「やせるホルモン」とも呼ばれています。

 

 

近年の研究で、DHAやEPAは腸の細胞にあるGPR120という受容体を刺激してGLP-1分泌を促進することが分かりました。DHAやEPAを摂ることでGLP-1の分泌が促され、血糖値の急激な上昇を抑えることと満腹中枢を刺激することで肥満を抑制すると考えられます。


 

EPAを含むエサをマウスに投与したところ、体重増加と体脂肪蓄積が抑制されることが確認されています。ヒトにおいての臨床研究でも、中等度の肥満・高血圧患者52名がEPAを含むオメガ3系脂肪酸を経口摂取することにより、体重が減少したとの報告もあります。

 

最近になってEPAには、GLP-1を介した作用とは別に、ダイエットに有益な作用があることが明らかになりました。

 

京都大学河田教授らは、EPA投与マウスで脂肪を分解する褐色脂肪細胞のみならず脂肪を蓄積する白色脂肪細胞においても、代謝を活性化しエネルギー消費を増やすUCPというタンパク質の発現量が増加することを発見しました。EPA摂取でUCPの発現量が増加すると、カロリー消費も増えるためダイエットに効果的だと考えられます。

 

 

DHA EPAのダイエット効果関連ページ

DHA EPA は加齢臭対策になるのか
DHA・EPAは加齢臭に効果があるのでしょうか。DHA EPAと加齢臭の効果について解説します。
DHA EPA うつ病の効果は認められてる?
DHA・EPAはうつ病の対策、改善に効果はあるのでしょうか?研究結果を含めて解説します。
生理痛にDHA EPA
DHA・EPAは辛い生理痛の緩和に役立つのでしょうか?生理痛の原因を交えて解説します。
DHA EPA アトピー効果とは
DHA・EPAの効果、アトピーについて解説!
DHA EPAは冷え症にいいの?
冷え性とDHA EPAについて
DHA EPA の育毛効果とは
DHA・EPAの効果に育毛があげられます。DHA EPAには育毛効果はあるのでしょうか。詳しくまとめましたのでご参考に。
DHA EPA 花粉症の効果ある?
DHA・EPAは花粉症に効果はあるのか解説します!
認知症の予防効果にDHA
DHA・EPAの効果について詳しく掲載しています。DHA EPAの機能や効果の信頼性についても説明しています。
物忘れ対策・改善に!DHA EPA
物忘れが多くなってしまう原因と対策について。DHA EPAの役割やDHAをオススメする理由についても解説しています。