DHA EPA オメガ3

DHA EPA オメガ3とは

DHA・EPA・オメガ3

健康に関心が高い人々のあいだで近年注目を集めているDHAとEPA。名前はよく聞きますが、その実体について理解している人は少数派かもしれません。

 

DHAとEPAは脂肪酸と呼ばれる化合物の仲間です。その中でもオメガ3系多価不飽和脂肪酸と呼ばれる部類に入ります。なお、オメガ3はω-3、n-3と表記する場合もあります。

 

 

DHA・EPAの作用や効能効果を知るうえで、脂肪酸の構造やその分類を理解するのは非常に有用です。まずは脂肪酸の分子構造についてみてみましょう。


 

脂肪酸は、お酢の成分である酢酸分子に、炭素原子が直列につながった鎖のような形をしています。脂肪酸は鎖の中の炭素原子の数や、炭素原子どうしの結合様式の違いにより多くの種類が存在し、融点などの性質も違ってきます。

 

脂肪酸の仲間

脂肪酸の仲間は大きく2種類に分けられ、それぞれ飽和脂肪酸不飽和脂肪酸と呼ばれます。
飽和と不飽和の違いは炭素原子の結合様式の違いによるものです。炭素原子は手を4本使って他の原子と結合しますが、相手の原子と手を1本使って結合する様式を単結合、2本使って結合する様式を二重結合と言います。飽和脂肪酸では、炭素原子の鎖の中での炭素原子どうしの結合は単結合のみで、不飽和脂肪酸では単結合のほか一部に二重結合も含まれるという違いがあります。

 

不飽和脂肪酸はさらに、炭素鎖の中の二重結合が1個だけの一価不飽和脂肪酸、二重結合を複数含む多価不飽和脂肪酸に分けられます。多価不飽和脂肪酸はさらにオメガ3系脂肪酸とオメガ6系脂肪酸とに分けられます。

 

オメガ3について

多価不飽和脂肪酸の分類の中でのオメガ3、オメガ6とは、炭素の鎖の中での二重結合の位置を表したものです。オメガ3系脂肪酸とは、脂肪酸の構造の中で、酢酸と反対側の末端から数えて3番目の炭素原子に初めて二重結合が現れるものをいいます。オメガ6系脂肪酸では同じく末端から数えて6番目の炭素原子に初めて二重結合が現れます。

 

脂肪酸といってもこれだけ種類があり、分子の構造や科学的な性状だけではなく体内でどのように作用するのかも違ってくるのです。

 

DHA EPA オメガ3とは関連ページ

DHA EPAの働きと役割
DHA・EPAの効果について詳しく掲載しています。DHA EPAの機能や効果の信頼性についても説明しています。
DHA EPA アラキドン酸カスケード
DHA・EPAとアラキドン酸カスケードについて解説。
DHA EPA の副作用
DHA・EPAの効果効能はさまざまな症状に期待されています。しかし!副作用で辛い思いをするのは嫌ですよね。そこでDHA EPA の副作用についてまとめました。参考に。
DHA EPAの違いとは
DHA・EPAの効果について詳しく掲載しています。DHA EPAの機能や効果の信頼性についても説明しています。
DHA EPAが多く含まれる食品
DHA・EPAを食品から摂りたい方に、お役立ちコラムを掲載。DHA・EPAを多く含む食品、調理法の残存率などDHA・EPAを上手に摂る工夫を。
DHA EPA とりすぎはダメ?
DHA・EPAをとりすぎると考えられる症状をまとめてます。