DHA・EPA効果

DHA EPAの基礎知識

もっと詳しくDHA EPA!

DHA・EPAをさらに詳しくまとめた、お役立ちページです。

DHA EPAの基礎知識記事一覧

DHA・EPAは、私たちの身体の中で重要な働きをしている栄養素のひとつです。しかも体内で合成することができないので、食品として摂取する必要があります。栄養素としてのDHA・EPAは体内でどのように動き、どんな役割を果たすのでしょうか。栄養学的には、DHA・EPAは脂質に分類され、脂質の中でも脂肪酸の仲間になります。脂肪酸は、食品中では食用油や動物の脂肪、魚類に含まれる油脂の形で存在しています。油脂...

健康に関心が高い人々のあいだで近年注目を集めているDHAとEPA。名前はよく聞きますが、その実体について理解している人は少数派かもしれません。DHAとEPAは脂肪酸と呼ばれる化合物の仲間です。その中でもオメガ3系多価不飽和脂肪酸と呼ばれる部類に入ります。なお、オメガ3はω-3、n-3と表記する場合もあります。DHA・EPAの作用や効能効果を知るうえで、脂肪酸の構造やその分類を理解するのは非常に有用...

DHAやEPA、その他の種類の脂肪酸は、細胞膜の構成成分になります。細胞膜の脂肪酸は、ただ単に細胞膜を形成するだけではなく、いろいろな生理作用を示すことが分かっています。細胞膜の構成成分としてのDHA・EPAが示す生理作用のひとつに、アラキドン酸カスケードに対する拮抗作用があります。アラキドン酸カスケードは血小板凝集や炎症などに関与する重要な生理作用です。アラキドン酸はDHAやEPAと同じく脂肪酸...

DHA・EPAは脂質という栄養素で体内にも存在していると聞くと、副作用はないと思われがちです。DHA・EPAが効果を示す高トリグリセリド血症、認知症、うつ、アレルギー、生理痛などでは治療や症状の緩和に薬が使われますが、そうした薬にくらべて副作用が少ないのは確かです。しかしDHA・EPAでも摂取量が過剰になると問題が生じます。それは出血性の副作用です。DHA・EPAには血小板凝集抑制作用があります。...

DHAとEPAは脂質の仲間で、その中でもオメガ3系不飽和脂肪酸と呼ばれるグループに属しています。同じグループに属するだけあって、この2つの成分には共通点も多くありますが、その一方で相違点も存在します。数ある相違点のうち最も基本的な違いは分子構造の違いです。脂肪酸であるDHAとEPAは、酢酸に炭素原子が直鎖状につながった構造をしています。さらに不飽和脂肪酸であるため、直鎖状の炭素原子同士の結合の中に...

DHA・EPA摂取の重要性がわかると、食品で摂取するには何をどのように食べればよいかが気になってくるのではないでしょうか。DHAやEPAは青魚に多く含まれることはよく知られています。比較のために、他の食材のDHA、EPAの含有量を列記してみましょう。魚と同様にたんぱく源となる肉類、卵、大豆製品の場合、可食部100g中に肉類ではDHA・EPAともに0〜10mg、鶏卵でDHAが120mg、EPAが0m...

体内では作ることのできない、必須脂肪酸のDHA EPAは魚から抽出されます。健康にすこぶる良く、血液をサラサラにすることは世界の研究機関も認める所です。血液をサラサラにする以外にも、目の病に効果を発揮したり、血圧を下げたり、神経にも良いとか。こんなに良いところばかりなのに、とりすぎて悪いところなどあるのでしょうか。調べてみると、血液を凝固しない成分なので出血時に止まりにくいということがあるようです...