DHA・EPAのチカラで頭の回転が速くなる

  • DHAと脳の密接な関係

 人間が栄養を摂取した時、脳では血液脳関門というゲートで脳に必要な成分とそうではない成分のふるい分けが行われています。これは、脳が人体のなかでも特にデリケートな部分であることから、本当に必要な栄養のみを摂取しようとするからです。

 

 そのため、血液脳関門を通って脳にダイレクトに影響できる物質はそう多くはありません。DHAは血液脳関門を通ることが出来る数少ない物質です。このことからも、DHAが脳にとっていかに必要とされている物質であるかが分かります。

 

  • DHAの効果で頭の回転が速くなる

 DHAは脳にとって大切な物質であり、脳細胞中の約10%も含まれていることが分かっています。中でも、脳の中で記憶をつかさどる海馬にはその他の部位の2倍以上のDHAが含まれています。

 

 私達の思考や行動は全て脳によって指令が出された結果です。人としゃべる、運動をする、仕事をする、勉強をするなど、すべての行動を起こす際には、脳内ですさまじいスピードで電気信号の受け渡しが行われています。この情報伝達は、脳の神経細胞の中でアメーバの様に広がっている先端部分にあたる、シナプスという部分を通して行われています。シナプスではアセチルコリンという物質のやりとりが行われ、情報伝達がされているのです。

 

 そして、このシナプスの表面の膜には多数のDHAが存在しています。DHAが十分に存在する状態ではシナプスの膜が柔らかい状態に保たれ、逆にDHAが不足すればシナプスの膜は柔軟性を失います。柔軟性を失った状態では情報伝達が鈍くなり、結果的に「頭の回転が鈍い」状態となってしまうのです。

あなたが「頭の回転が鈍くなった」と感じているならば、それは単に年のせいではなく、DHAが不足しているからかもしれません。
 DHAを十分に摂取していると、頭の回転は速くなり、記憶力は観察力、判断力、集中力といった脳力が高まるのです。また、EPAは血流改善効果が高く、脳内の血行をよくすることによって、間接的に脳力向上に役立ってくれます。