悪玉コレステロールを減らすにはDHA・EPAが効果的

  • コレステロールとは

 コレステロールと聞けば、何か人体に大変有害な物質のように感じてしまう人も少なくないでしょう。しかし、コレステロールは健康を維持するために必要な脂質の一種であり、細胞膜を作る、ホルモンの原料になる、遊離脂肪酸(エネルギーに代わるべく血液中に溶け出した脂肪)を作る、肝汁酸(小腸での脂肪の吸収を助けるもの)を作るなどの働きがあります。コレステロールは脂の一種であるため、水分や血液に解けることがありません。血中でタンパク質などと結合することによって、体中に成分を運んでいます。

 

 また、一般的にコレステロールのことを「善玉コレステロール」と「悪玉コレステロール」に呼び分けますが、善玉が良く悪玉が悪いというわけでもありません。どちらも健康維持のために働いている必要不可欠なものなのですが、バランスが大切です。コレステロールが基準値を超えたときには悪玉コレステロールの方が比率が高くなってしまう傾向があり、それゆえに「悪玉」という呼び方がされているのです。

 

  • DHAとEPAが悪玉コレステロールを減らしてくれる

 総コレステロールが基準値のとき、善玉コレステロールと悪玉コレステロールはバランスが保たれた状態です。しかし、基準値を超えると一般に不健康な状態とされ、その際には悪玉コレステロールの割合が善玉コレステロールよりも多くなります。

 

 DHAとEPAの効用は、善玉コレステロールの数を維持しつつ悪玉コレステロールを減らしてくれることにあります。この作用によって、増えてしまった悪玉コレステロールを減らし、再び総コレステロールを基準値へと近づけてくれるのです。

 

 ただし、DHAとEPAは同程度の働きをするのではなく、DHAは悪玉コレステロールを減らすのに働きかけるのに対し、EPAはこの働きよりも中性脂肪を減らす効果が高くなります。中性脂肪も増えすぎると健康を害するものであるため、DHAとEPAを同時に摂取するのが効果的です。