DHA・EPAの摂取で記憶力を高める

  • DHAが記憶力に効く!

 1989年にDHAが日本でも知られるようになってきてから、DHA・EPAを含むサプリメントが多数流通しています。これらの成分が集中力や記憶力を高めるのに役立つというのです。しかし、実際には直接的に記憶力を高めてくれるのはDHAの方であり、EPAはDHAと共に血流を改善し、脳の血行がよくなることによって、間接的に記憶力を高めてくれます。

 

DHA・EPAのほかにも、脳の働きを良くするとされている成分には色々な物がありますが、そんな中でもDHAとEPAが最も有名な物であるといってよいでしょう。

 

  • DHA・EPAが記憶力を高めてくれるわけ

 では、なぜDHAやEPA、ことにDHAが脳の働きを良くしてくれるのでしょうか。それは、DHAが脳の中に非常に多く含まれる成分だからです。

 

 脳の入り口には、血液脳関門とよばれるゲートがあります。このゲートでは、摂取した栄養素のうち、脳にとって必要な栄養素と必要ではない栄養素のふるい分けが厳しく行われています。血液脳関門を通過できる栄養素は少ないのですが、DHAはここを通過することが出来ます(EPAは通過することが出来ません)。

 

血液脳関門を通過したDHAは脳内に入り込んで、脳の神経細胞を活性化します。脳の神経細胞の先端部分に当たるニューロンを活性化してくれるのです。これによって、脳の神経細胞の相互の情報伝達がスムーズになり、記憶力を高めてくれます。

 

 中でも、脳の中で記憶をつかさどる部分とされている「海馬」は、脳の他の部位に比べて2倍以上のDHAが存在しています。DHAが不足してしまうと、脳全体はもとより、とくに海馬が本来の能力を発揮することが出来なくなり、記憶力低下につながってしまうのです。

 

 ちなみに、これは理論上のことではなく、実際にマウスを使った様々な実験からDHAが記憶力を高めてくれることが立証されています。このほかにも、同じ条件の赤ん坊を2グループに分け、それぞれをDHAを含んだ母乳とDHAを含まない粉ミルクで育てた結果、IQに明らかな差が表れたことなどからも、DHAのパワーが証明されています。