頭の回転が速くなる方法

頭の回転を速くする方法

頭の回転を速くする方法

  • 頭の回転を速くするには?

 頭の回転が遅くて困った思いをしたことはないでしょうか。その様な人のために、頭の回転を速くする方法を紹介していきます。

 

 頭の回転が速いというのは、具体的に言うならば情報処理能力と情報処理速度が高いということでもあります。情報処理能力を高めるためには、新たなことを学習するのが非常に効果的です。手近なところから始めるのであれば、ちょっと難しめの本を読んでみることなどが効果的です。難しめの本を読んでいると、やがて以前は難しいからと敬遠していた本でもだんだんと理解することが出来るようになっていきます。これは、まぎれもなく情報処理能力が高まったことの証拠です。

 

 次に、情報処理速度を高める方法ですが、これは通常よりも速いスピードで情報を入れ、それを素早く処理していく訓練をしていくとよいでしょう。例えば、映画を1.5倍速や2倍速で見てみましょう。登場人物のセリフは早口で耳に入り、それを理解するために脳は高速回転します。また、通常の1.5倍、2倍で物語の展開を理解していかなければならず、サスペンスなどを高速で見ると情報処理速度は高まります。この訓練を始めると、最初のうちは日常の等速で入ってくる情報が遅く感じてしまいます。これは高速道路から一般道路に降りたときに遅く感じてしまうのと同様で、脳が速いスピードでの情報処理に慣れているために起こる現象です。

 

  • 新しい言語を学ぶ

 次にお勧めしたいのは、外国語を学ぶことです。母国語以外の言語を学習すると、それまで長年使っていた言語回路とは全く異なる言語回路が使われるため、脳の構造が物理的に変化します。これは、年齢に関係なくできるトレーニングであるため、40代からでも50代からでも言語を学ぶことで、脳の機能は確実に向上します。

 

 これは、ペンシルベニア州立大学の研究から明らかになっていることであり、新しい言語を学んだ参加者の脳をMRIでスキャンしたところ、脳内のネットワークを繋ぐ神経組織が、学習前に比べて物理的に発達していることが分かったのです。