DHAとEPAの過剰摂取で副作用はある?

  • DHAとEPAの摂取量の目安

 厚生労働省が発表しているDHAとEPAの推奨摂取量は、1日あたり1gとされています。市販のサプリメントなどは、この摂取量を満たすことが出来るように設計されているものが多いです。

 

 では、過剰摂取をしたときにはどうなるのでしょうか。インターネットの販売サイトなどを見ていると、元々魚に含まれているものであるため、摂取しすぎてもあまり問題はない様に書かれていることもありますが、そんなことはありません。なにごとも、過ぎたるは及ばざるがごとしで、過剰摂取には問題があります。

 

  • 過剰摂取の副作用

 DHAとEPAを毎日3g以上摂取する生活を続けていると、下痢、嘔吐、げぷ、軟便、鼻血といった副作用が現れることがあります。筆者も頭を良くしたいばかりにサプリメントを推奨量より多めを摂っていたことがありますが、これはよいこととは言えません。
 また、病気などで薬を服用している人は飲み合わせに注意が必要なので、医師や薬剤師に相談してから服用した方が良いでしょう。薬によっては薬の効果を強めてしまい、そのために副作用が現れることがあります。とくに、血液疾患関連の薬には注意が必要です。例えば、脳梗塞や心筋梗塞などで治療をしている人は、医師の相談を仰ぐようにしましょう。

 

 また、DHAとEPAには血液をサラサラにするこうかがあるため、過剰に摂取してしまうと凝血能力が低下してしまい、出血した時に血が止まらなくなるなどの副作用が現れることがあります。

 

  • 食品から摂取する場合の注意点

 DHAとEPAを食品から摂取する場合には注意が必要です。特に妊婦がこれに当たります。なぜならば、DHAとEPAを多く含むマグロなどの大型魚には水銀が含まれている可能性が高いからです。
普通の人ならば魚と一緒に水銀を摂取してもこれを排出する能力がありますが、胎児にはまだその機能が備わっていないため、害を及ぼす可能性があるのです。そのため、妊婦はサプリメントから摂取した方が良いでしょう。