最近話題のDHA・EPAの効果をご紹介!

  • DHAの効果

 DHAとEPAはセットで紹介されることが多く、どちらも同じような効果を持っていると認識している人もいるかもしれませんが、DHAとEPAの効果はそれぞれ異なります。

 

 まずDHAですが、DHAは「ドコサヘキサエン酸」の略称です。魚の脂肪に含まれる不飽和脂肪酸のことであり、脂ののった魚に豊富に含まれます。たとえば、マグロ、ハマチ、サバ、イワシなどから多く摂取することが出来ます。

 

 DHAのなかでも最も良く知られている働きが、脳の働きの活性化です。これは、脳の神経細胞にはたくさんのDHAが存在していることから、それが欠乏すれば神経細胞の情報伝達は鈍り、十分に摂取できていればスムーズにいくのです。同様に、多くの神経細胞が存在している目の網膜の活性化にも効果的です。

 

 このほか、動脈硬化・高脂血症・認知症などの予防と改善、アトピーやアレルギーなどの改善、がんの発生と転移の抑制などの効果があることも知られています。

 

  • EPAの効果

 一方、EPAは「エイコサペンタエン酸」の略称です。これも魚の脂身によく含まれています。

 

 EPAの効果の中でも良く知られているのが、中性粗暴や悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールを増加させる働きです。この働きによって、血液をサラサラにすることが出来ます。血液をサラサラにすることで血栓を予防する効果が高いです。

 

 EPAは脳に直接的に働くものではありません。これは、脳が脳内に栄養素を取り入れるときに通過する血液脳関門をEPAが通れないからです(DHAは通ることが出来ます)。しかしながら、血液をサラサラにして脳への血流を増加させることから、間接的な効果は持っています。

 

 DHAもEPAも高度不飽和脂肪酸の一種であり、体内で合成することはできません。厚生労働省は1日当たり1gの摂取を推奨しており、これを摂取するためにはサプリメントから摂取するか、食品ならばサンマやアジの開き1匹、マグロの中トロ4〜5切れ、イワシ1匹、サバの切り身1切れなどが目安となります。