ガンの発生率を左右するDHA

DHA&EPAの効能は多岐に渡り、サプリも幅広い層に売れていますが、ガンにも効果を発揮することはご存知でしょうか。お金で買えるものばからの世の中と言われますが、唯一ガンだけはいくら大枚をはたいても完全に退けることができない病気です。
特に日本人はこの病で生命を奪われることが多く、死因ナンバー1と言われています。

 

なぜ身体にガンが巣食うのか明らかになっていない為、治療が難しいわけですが、実は普段口にする脂肪酸も発症率を左右することが分かっています。
簡単に言えば悪い脂質を避けて良い脂質をたくさん摂取することでガン発症率を下げることができますが、良い脂質の代表こそドコサヘキサエン酸です。

 

DHAはEPAを一緒に摂り込むことで相乗効果を得られる栄養なので、魚を食べる時も両方の成分を摂取することができる種類を選びましょう。サプリメントも、DHAとEPAがブレンドされているタイプだと効率性抜群です。
残念ながら既に発症してしまった場合でも、意識してこの2種類の脂肪酸を摂取することで再発や転移リスクを下げることができるそうです。日本で行われたロングスパンの調査でも、毎日魚を食べている人はもし発症しても死亡まで至る割合が4分の1少なくなることが判明しました。

 

一方、中高年で一切魚を口にしない方は発症リスクが70%も上昇してしまいます。
獣肉は一切口にしない方が良い、ということではありませんが、やはりガンという脅威に備える為にも献立に工夫しサプリメントなどの健康補助製品も上手く活用して早い段階で脂肪酸対策に取り組むことが大切です。

 

 


ガンの発生率を左右するDHA関連ページ

関節リウマチに効くDHA
関節リウマチとDHAについて詳しくまとめてます。
DHAで視力UP?!
DHAは視力アップに役立つのでしょうか。
認知力の予防、改善効果
認知症の予防や改善と、DHA(ドコサヘキサエン酸)の働きについて。
DHAとEPAで気持ちが穏やかに
DHA EPAと心の穏やかさについて調査結果で分かっていることをまとめてます。