糖尿病が怖い病気の理由

糖尿病は非常に怖い病気です。食生活が欧米化した事で、肥満が増えて血糖値が常に上昇し高血糖となって糖尿病に罹患してしまいます。
遺伝型などもありますが、日本人の多くは2型の糖尿病で、後天的に生活習慣が原因で罹患している人が多いです。

 

日本の人口の中でも2,210万人もの人が予備軍も併せて存在していることに、もっと危機感を持たねばならないと思います。何故ならこの糖尿病で毎年2万人近くの人が亡くなっているからです。糖尿病の合併症は三大合併症と言われる、網膜症・腎症・末梢神経障害にはじまります。
失明したり人工透析を余儀なくされたり、末梢神経の感覚がなくなり手足を切断しなくてはならない場合もあります。
また、三大合併症の他にも、脳梗塞・心筋梗塞・肺炎・尿路感染症・皮膚炎など書ききれないほど多いのです。

 

 

糖尿病の怖いところは全身をあまねく蝕むところにあるのです。しかも糖尿病は初期症状がほとんどありません。野放図に食べたいものを食べて、アルコールを飲酒し喫煙して、気がつけば糖尿病だったということになりかねないのです。


 

もし糖尿病だと診断されたら、まずはダイエットすべきです。体重が落ちると、諸症状に変化が出てきます。罹患しながらも、普通の血糖値を維持すれば長生きもできるということなのです。
一度糖尿病になれば、生涯付き合わなくてはなりませんが生活に気をつければ、十分通常の暮らしが営めるのです。

糖尿病にDHA EPAが良い理由

食事に気をつけながら血糖値を下げたり血液をサラサラにすることで合併症を防ぐDHA EPAサプリメントなどがおすすめです。DHA EPAは青魚の魚油から抽出された、不飽和脂肪酸です。正式名称はDHAはドコサヘキサエン酸、EPAはエイコサペンタエン酸と言います。

 

DHA EPAは全身に対して、良い効果をもたらします。

糖尿病特有の目に関する病にも効果がありますし、血液をサラサラにするので、血栓予防にもなります。また血糖値を速やかに下げてくれるので、これほど嬉しい効果はないというほど糖尿病患者の嬉しい成分で満ちています。

 

サプリメントで摂取するのがより多くのDHA EPAを体内に取り込めますが、普段の生活の中でも青魚を食べましょう。

 

肉より魚の方が低カロリーということもあり、ダイエットにも効果がありますからメタボを改善しながら、DHA EPAを効率よく体内に取り入れて、糖尿病の合併症を起こさない努力をしたいものです。また糖尿病予備軍にも同じことが言えます。未然に防ぐためにも最善の努力をしていきましょう。

糖尿病の改善・予防にDHA EPA関連ページ

DHA EPA コレステロール
人気のDHA・EPAサプリを徹底比較!料金比較やDHA・EPA含有量、他の成分配合など詳しくまとめました。DHA・EPAサプリを選ぶ基準にどうぞ。
DHA EPA 美容効果の働きとは
DHA・EPAは美容に良い働きがあるのか。DHA・EPAが肌に影響を与える理由について
痛風とDHA EPA
痛風の原因、痛風とDHA EPAについて詳しく解説
動脈硬化の予防!?DHA EPA 効果とは
動脈硬化の予防にDHA EPAはどのような働きがあるのかまとめてます。
血糖値を下げる!?DHA EPA
DHA EPAは血糖値を下げる効果はあるのでしょうか?
DHA EPAは血栓に良い効果を与える!?
DHA EPAと血栓についてです。青魚を主食としている先住民イヌイットの健康効果を知ればDHA EPAが血栓に働くのか知ることができます。
DHA EPA 血液サラサラ
DHA EPAに血液サラサラ効果はあるのか
DHA EPA 視力の影響
DHA EPAは目や視力にどのような影響を与えるのか、有効に作用するのかを掲載。また加齢性黄斑変性についても載せていますで参考に。
DHA EPA と筋肉アップについて
DHA EPAは筋肉アップに役立つのでしょうか。
DHA EPA と沈黙の臓器【肝臓】
DHA・EPAと肝臓の機能についてです。肝臓は沈黙の臓器と言われるほど自覚症状がないので意識して大切にしましょう