DHA EPA 血液サラサラ

DHA EPA 血液サラサラ

DHA EPA 血液サラサラ

中高年の6割もの人が血液がドロドロだという調査報告があります。むしろ中高年で血液がサラサラな方が珍しいのでは?とすら思えてしまう結果です。
若い頃からの食生活や生活態度などが、45を過ぎるとグッと出てしまうと言いますが、中高年のうちに生活改善をしなければ、間違いなく動脈硬化や糖尿病、そして心疾患・脳疾患に苦しめられるときがくるでしょう。

 

 

最近は、若年性の脳梗塞や心筋梗塞が多くなりました。30代や40代前半からこうした重篤な疾患で、命を落とす人が後を絶ちません。過度のストレスや飲酒などは、すぐに血液を汚してしまします。血液がサラサラであれば、長く付き合える肉体ですから、過保護なくらい大切にしたいものです。


 

血液をサラサラにする食品やサプリメントは多いですが、現在注目されているのが、青魚の成分であるDHA EPAです。n-3系の多価不飽和脂肪酸のひとつで血小板凝集抑制作用があるので、血栓を作りにくくします。
血中の脂質のバランスを整えてくれます。動脈硬化を防止しますので、いつまでも瑞々しい血管年齢を継続維持しることができるのです。

 

このDHA EPAは1日1000rから2000mgの摂取が望ましいのですが、魚を主食にした昔の日本とは違います。半分程度を、魚に頼りもう半分はサプリメントなどで補うのが、現実的かもしれません。しかし、DHA EPAだけに頼ることなく、ウォーキングなどで体を適切に動かすことも大切です。

 

東京大学医学部の稲島司先生によると、このウォーキングを速い速度で行うと血管に良い影響があるそうです。食べ物の摂取とプラスしてウォーキングのような有酸素運動が、血液サラサラに導いてくれるのです。
しかしこんなときにも、中高年はあまり水分補給をしないで歩いてしまう傾向がありますので、血液が粘つきがちです。放って置くと血栓のもとになりますので、DHA EPA摂取をセットにして運動するのが、無敵の作法ではないかと思います。どちらかに偏った方法では万全と言えません。

DHA EPA 血液サラサラ関連ページ

DHA EPA コレステロール
人気のDHA・EPAサプリを徹底比較!料金比較やDHA・EPA含有量、他の成分配合など詳しくまとめました。DHA・EPAサプリを選ぶ基準にどうぞ。
DHA EPA 美容効果の働きとは
DHA・EPAは美容に良い働きがあるのか。DHA・EPAが肌に影響を与える理由について
糖尿病の改善・予防にDHA EPA
糖尿病とはどんな病気なのか。DHA EPA が糖尿病にどんな働きをするのか。まとめました。
痛風とDHA EPA
痛風の原因、痛風とDHA EPAについて詳しく解説
動脈硬化の予防!?DHA EPA 効果とは
動脈硬化の予防にDHA EPAはどのような働きがあるのかまとめてます。
血糖値を下げる!?DHA EPA
DHA EPAは血糖値を下げる効果はあるのでしょうか?
DHA EPAは血栓に良い効果を与える!?
DHA EPAと血栓についてです。青魚を主食としている先住民イヌイットの健康効果を知ればDHA EPAが血栓に働くのか知ることができます。
DHA EPA 視力の影響
DHA EPAは目や視力にどのような影響を与えるのか、有効に作用するのかを掲載。また加齢性黄斑変性についても載せていますで参考に。
DHA EPA と筋肉アップについて
DHA EPAは筋肉アップに役立つのでしょうか。
DHA EPA と沈黙の臓器【肝臓】
DHA・EPAと肝臓の機能についてです。肝臓は沈黙の臓器と言われるほど自覚症状がないので意識して大切にしましょう