食事で摂取する問題点

食事で摂取する問題点

食事で摂取する問題点

DHA、EPAは様々な形で身体と精神にプラス効果をもたらしますから、幅広い年齢層の間でサプリメントも大ヒットしています。せっかく日本人は魚を多く食べる国民なのに、わざわざサプリで摂取しなくても・・・と考える方もいらっしゃるようですが、実はDHA、EPAを豊富に含む食材はある問題を抱えています。

 

既に助産師さんなどから指導を受けている妊婦さんはよくご存知かも知れませんが、DHA、EPAをたっぷり摂取することができる魚類には素晴らしい栄養素だけではなく水銀も含んでいます。

 

大きいものが小さいものを食べる生き物の自然の法則の影響で、鮪などサイズの大きい魚ほど体内に見逃せないほど大量の水銀が蓄積されてしまっています。
これは都市伝説ではなく、厚生労働省からも注意が促されている動かしようもない事実です。
従って、赤ちゃんに水銀の悪影響が及ばないよう妊娠中は「鮪を食べるなら週に〇回、〇切れまで」などと細かく摂取量を制限されるわけです。

 

この安全ラインを守って食べている分には問題ありませんが、身体によろしくないものが含まれていると分かっているものを口にするのに抵抗を感じる方も少なくありません。
その点、原料をしっかり選び水銀問題もクリアしているサプリメントなら安心して2大栄養素の効能を享受することができるというわけです。

 

子供の知能指数を上げよう、と張り切って青魚を食べ続けた結果、水銀までたくさん摂取してしまったお子さまの知能テストの成績が悪かった・・・なんてデータも報告されています。

 

水銀は胎児の脳や神経系に悪影響を及ぼし、諸々の障害を引き起こしやすくなりますし、水俣病の原因も魚類の水銀でした。


食事で摂取する問題点関連ページ

DHAもEPAも摂取できる食材
DHA EPAを食材から摂取したい方に、DHA EPAの代わりになる食材や摂取量の目安など分かりやすく掲載しています。
魚の缶詰はサプリに勝てるか
魚の缶詰はDHA EPAサプリより多く摂取することができるのか?
DHAとEPAに足したいある成分
DHA EPAの特徴を踏まえぜひ!足して補いたい成分を詳しくつづってます。
DHA EPAを生活に取り入れるコツの摂取限度量
DHA EPAを多く取れば良いというわけではありません。では摂取限度量はどれくらいなのでしょうか?