魚の缶詰はサプリに勝てるか

魚の缶詰はサプリに勝てるか

魚の缶詰はサプリに勝てるか

体内を常にDHAとEPAで満たしたいなら、サプリメントを常備しておくと不足分を手軽に補うことができるので便利です。魚によっては1日摂取量の目安をクリアできないものもありますし、青魚のレパートリーも限られていますよね。

 

「ヘルシーだけど義務感満載」の献立を避ける為にも、サプリを上手く活用しましょう。
そしてサプリ同様非常に頼りになるのが、DHAもEPAもたっぷり摂取できると評判の缶詰です。手料理にこだわる奥さまだと缶詰を食卓にのせるのは抵抗を感じるかも知れませんが、魚の缶詰は予想以上の価値があります。

 

サプリと比べた場合でも、DHA、EPAの含有量はびっくりするぐらい多く、余裕で目標量を超えています。どのサプリもあくまで食事の補助を目的としていますから、実は1日分の含有量は300から500mg前後に留めている製品が大多数を占めます。

 

トクホ認定で人気を集めているイマークも、1本あたりのDHA含有量は300mgに満たない数字で、EPAも600mgしか含まれていません。
イマークの口コミを参考に。

 

缶詰なら夫婦二人で分け合ったとしても、サプリの平均含有量を優に超える量を摂取することが可能です。

 

缶詰は1缶せいぜい100円から150円程度なので、1人前50円から100円で済みます。費用の面でも缶詰は非常に優秀な食材であることがお分かり頂けるでしょうか。
もちろん、缶詰も手作りの青魚料理同様連日出されてしまうと飽きてしまいますし、他の栄養分も気になるところです。
缶詰もサプリもバランス良く取り入れながら、細く長く健康対策を続けましょう。

 


魚の缶詰はサプリに勝てるか関連ページ

DHAもEPAも摂取できる食材
DHA EPAを食材から摂取したい方に、DHA EPAの代わりになる食材や摂取量の目安など分かりやすく掲載しています。
食事で摂取する問題点
DHA EPAを食事で取る場合の問題点とは。
DHAとEPAに足したいある成分
DHA EPAの特徴を踏まえぜひ!足して補いたい成分を詳しくつづってます。
DHA EPAを生活に取り入れるコツの摂取限度量
DHA EPAを多く取れば良いというわけではありません。では摂取限度量はどれくらいなのでしょうか?