サプリの副作用

サプリの副作用

サプリの副作用について

DHAもEPAも、日本人が食べる機会の多い青魚にたっぷりと含まれる栄養分です。“適量”をはみ出さない範囲で食べている分には何の問題もありませんし、サプリメントなどの健康食品を利用する場合も常識の範囲内で摂取している分には副作用の心配はありません。

 

ただ、サプリメントはどうしても食事から摂取するよりも多め多めに取り入れてしまいがちなので、1粒に含まれる含有量、最低限守りたい1日の最高ラインは必ず意識して下さい。

 

高濃度配合タイプにも用心しなければなりません。

 

具体的にはDHAもEPAも1日3,000mgを超える量を毎日のように補っている場合、お腹が緩くなるような症状に見舞われるかもしれません。こういった不快な症状が現れなくても、多く摂取した程効果が上がる性質のものでもありませんし、1日の目安は1,000mgぐらいに留めておきましょう。

 

鮪100gあたり2,800mgのDHA、1970mgのEPAが含まれますが、食べ物に含まれる栄養分は肝臓に負担をかけることがありませんのでそう心配することはありません。余分な分は自動的に消化されます。
それに、たまに食べるぐらいならそう神経質になる心配はありません。

 

DHA、EPAサプリの服用を避けた方が良いのは、血液が固まりにくくなるワーファリンなどのお薬を処方されている患者さんです。このお薬自体、うっかり怪我を負った時に血が止まりにくくなるので、日常生活を送る上で注意しなければなりません。
更に血流を促進するようなサプリメントを補ってしまうとリスクが高くなりますので、気をつけて下さい。


サプリの副作用関連ページ

DHAとEPAは一緒に摂るべき?!
DHA・EPAは一緒に取ったほうが効果は良いのでしょうか?調べてみました。参考に!
DHAもEPAも不足すると・・・
DHA EPAが不足するとカラダにどのような影響があるのか。
子供の成績UP対策に使える?!
子供の成績アップにDHA・EPAは効果的な働きをするのか。