DHAとEPAの素朴な疑問

DHAとEPAの素朴な疑問

共通しているところ

DHAとEPAはほとんど同じ栄養素として理解されることが多いものの、厳密には違う栄養素で効能の現れ方も微妙に違います。サプリメント選びの参考にもなるので、違う点共通点についてお話したいと思います。

 

まず、DHAとEPAに共通しているのは、どちらも不飽和脂肪酸ということです。脂肪酸は肉類を多く含む飽和脂肪酸と魚や植物が豊富に含有する不飽和脂肪酸の2種類に分類されますが、どちらも不飽和脂肪酸です。
この不飽和脂肪酸は更に細かく分類されますが、共にn-3系脂肪酸であることも共通点の1つです。要するに、DHAもEPAも健康体に欠かせない重要な栄養素でありながら、体内では生成することができません。
つまり、心身を健康的に維持したいなら、食事やサプリメントなどの健康食品を頼り自分で意識して補わなければならない栄養素ということです。

 

高血圧など生活習慣病の予防効果、花粉症などアレルギーに対する力を養う効能も、共通しています。
ただ、DHAは脳や脳神経に働きかける作用が強く、EPAは血液に働きかける作用の方が優れている点が相違点です。つまり、脳のアンチエイジング対策や脳梗塞など脳関連の病に備えたいなら、DHAの配合率が高いサプリを選びましょう。

 

一方、血圧が気になる方、中性脂肪を減らしたい方はEPAメインで配合しているサプリがオススメです。

 

ブレンドサプリも具体的な配合率は製品毎に違いますがから、こういった細かな違いを把握していると健康食品も選びやすくなるのではないでしょうか。


DHAとEPAの素朴な疑問記事一覧

DHAとEPAは厳密には違う栄養素なのに、サプリなどの健康食品には高い確率で一緒にブレンドされています。DHAは主に脳担当、EPAは血液担当・・・と違う役割を担っている為、例えば粘っこくなっている血液対策用のサプリが欲しい方はEPAだけのサプリでも良さそうな気がします。あまり見かけませんが、純粋にDHA、EPAだけのサプリも売られています。例えばソースナチュラル社から発売されている子供用サプリ、D...

水と白いご飯さえあれば日本人なら生きていける・・・なんてことがよく言われますが、“健康を損ねずに”生きていく為には必須脂肪酸のDHAやEPAも日々意識して補い続けなければなりません。なぜなら、どちらの成分も体内で自動生成されることが決してない性質の栄養分だからです。青魚に多く含まれている為、お魚の献立がしょっちゅう出るご家庭で生活している分には問題ありません。ただ、普段外食がちでお肉料理ばかり注文...

お子さまの成績を上げる為にDHA、EPAサプリを買い与える親御さんが増えています。事実、受験に合格する学生の約70%近くがDHA、EPAサプリメントを服用していた・・・なんて話も囁かれています。コチラの記事も参考に→子供用のDHA、EPAサプリ頭脳に働きかける栄養素は他にもカルシウムやポリフェノール、ビタミンCなど色々ありますが、やはりDHA、EPAサプリは受験対策用サプリ成分として飛び抜けて高い...

DHAもEPAも、日本人が食べる機会の多い青魚にたっぷりと含まれる栄養分です。“適量”をはみ出さない範囲で食べている分には何の問題もありませんし、サプリメントなどの健康食品を利用する場合も常識の範囲内で摂取している分には副作用の心配はありません。ただ、サプリメントはどうしても食事から摂取するよりも多め多めに取り入れてしまいがちなので、1粒に含まれる含有量、最低限守りたい1日の最高ラインは必ず意識し...