中性脂肪に対するEPAのダブルアプローチ

DHAとEPAはいわゆる“メタボ”に効く栄養分として有名ですが、EPAは特に中性脂肪に働きかける作用が強いことで知られています。
単純な脂肪、体脂肪は非常に分かりやすく、見た目でぶよぶよしている部分が身体にくっついている脂肪部分です。体脂肪率測定機能がついた体重計も随分増えましたが、脂肪は肉眼でも確認しやすいものです。
一方EPAが得意な中性脂肪は、普通の体脂肪とは完全に一致しない似て非なるもので、血液の中に溶け込んでいる脂肪分のことです。身体を動かすのに使うガソリンのような役割がありますが、一定以上増えると単なる脂肪へと変わってしまいます。

 

 

「1日1本飲むだけでいいのでサプリよりも楽」と評判の生活習慣病対策用DHA&EPAドリンク、イマークはトクホ認定を受けていますが、成分表をチェックするとEPAはDHAの倍以上の量を配合されていることが分かります。

 

食事や健康食品で体内を十分量のエイコサペンタエン酸で満たしていると、中性脂肪が腸から取り込まれにくくなりますし、肝臓での生成量も増えないよう働きかけてくれます。このダブルアプローチで数値をぐっと下げ、狭心症や心筋梗塞など虚血系心疾患を引き起こすリスクを退けてくれると言うわけです。
DHAとEPAが中性脂肪を減らしてくれる

 

心疾患は生命を奪われてしまう確率も高い上、一旦発作が起きると本格的な手術が必要になるケースも多く、今までの生活を一変させる恐れが強い病です。専用の保険に加入していない方は、治療費で家計が圧迫され一気に貧困に陥ることも・・・。

 

一緒に読まれている記事

DHA EPAは中性脂肪を低下する!?
DHAとEPAが中性脂肪を減らしてくれる


中性脂肪に対するEPAのダブルアプローチ関連ページ

血中EPA濃度で血圧が決まる
血中EPA濃度で血圧が決まる仕組みについて分かりやすく説明しています。
DHAとEPAがコレステロールの数と質を改善
DHAとEPAがコレステロールに働く仕組みについて
生理痛対策にDHA・EPAが効く
生理痛で悩んでいる方に!DHA・EPAが良いとされる理由。
アレルギーを沈静化させる相乗効果
アレルギーにDHA・EPAの働きが注目されています。