生理痛対策にDHA&EPAが効く

生理痛対策にDHA・EPAが効く

生理痛対策にDHA&EPAが効く

DHAやEPAの研究が進む程、当初分かっていたよりも遥かに多くの素晴らしい効能を秘めていることが明らかになっています。例えば、毎月訪れる生理の影響で引き起こされる諸々の不快症状も、DHA、EPAで楽になることはご存知でしょうか。

 

気絶する程強烈な生理痛に見舞われる女性も稀にいますが、痛みの発生源はプロスタグランジンと呼ばれる子宮とダイレクトに関わるホルモンです。
この成分が分泌されると、内側の膜を剥がし不要な血液を子宮から身体の外に流し出す為、子宮が激しく収縮します。子宮自体、実は元々血の巡りが悪い臓器ですし、更に冷え体質だと余計血流が停滞し、強い収縮を引き起こします。
その結果のたうち回るような激痛に襲われるわけですが、DHAやEPAを十分量摂取しているとこのホルモンが滲み出る量が少なくなる為、生理前だけでも集中的に青魚を食べると苦痛を減らすことができます。

 

また、子宮の血流環境を改善する為にも普段から冷え対策に励み、余計な脂肪分をなるべく摂らない食生活を送ることも大切です。

 

生理痛は生まれつきだから仕方ない、と諦めている方も少なくありませんが、DHA&EPA対策や冷え対策、食生活の改善などできる範囲で問題点を1つ1つ克服していくことで毎月の辛さを和らげることは可能です。
月に1度、確実に具合が悪くなると分かっていると、精神的にもめいってしまいかねません。閉経するまで何十年も繰り返されるのですから・・・。
薬に頼るのは最終手段にして、まずは手軽なサプリメントから試してみて下さい。

 

こちらも参考に→生理痛にDHA EPA


生理痛対策にDHA・EPAが効く関連ページ

血中EPA濃度で血圧が決まる
血中EPA濃度で血圧が決まる仕組みについて分かりやすく説明しています。
中性脂肪に対するEPAのダブルアプローチ
EPAと中性脂肪について
DHAとEPAがコレステロールの数と質を改善
DHAとEPAがコレステロールに働く仕組みについて
アレルギーを沈静化させる相乗効果
アレルギーにDHA・EPAの働きが注目されています。